読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競演

横浜の席亭の300回記念。豪華メンバーにひかれて、もちろん伺う。


口上

談春:鮫講釈

花緑:つる

志らく:親子酒

中入り

三三:夢の酒

生志:道具屋

市馬:掛取り美智也


口上は堅苦しさのないラフなもので大幅に時間オーバー。

同世代の気楽さからか和やかなもの。


談春さんは得意の言いたてをつなぐ鮫講釈。

音の高低をつけつつ、名調子の講談

さすがに顔を赤くして息をつないでいる様子が常に合わず。

これって、談春さんでなければものすごく大変そう。


花緑さん、談春さんの横だと顔が小さい!と改めて。

ちとエキセントリックないつもの八五郎でたっぷり笑わせる。


志らくさん、親子酒。

酒飲みの意地汚さの中にまぎれて

鋭い時事のつっこみや噺家の風刺を言いたい放題。

笑いが続きすぎてギャグが聞こえないほど。


三三さんは、「夢の酒」・・落ちが大旦那の夢にならず

肩をたたかせた小僧さんの姿でかわいらしく落とす。

上手なんだけどなあ、まだまだ軽い。


生志さんは「道具屋」。時事風刺の鋭さは立川特有。

マクラは談志さん風の毒がすべりつつも

噺の中のギャグや時事ネタはいいセンス。


トリの市馬さん。メンバー全員から歌を期待されていたようで

得意ののどを披露する「掛取り美智也」。

新作ではもちろんないけれども、まさに好きなもの

得意なものでのアレンジは見事でした。


30分オーバーした終演後、ドイツ料理の店に。

こちらはあまりにも現地風の味。あまりお酒も食事も進まず。

とはいえ満喫の横浜の夜です。