読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤモリ、カエル、シジミチョウ

江國香織谷崎賞受賞作を読む。

子供の視点が独特で、童話作家でもある作者の

渾身の1冊、的な書評だったが

そういう部分もあり、それほどでもない部分もあり。


ひらがなだけの、子供の視点から描く世界は

新鮮ではあるが、ある種、ありがちなところもあって

ただ、読みずらいのはちょっとなあ。

7つまでは神のうち、というように

子供というのは大きな意味でこの世と未分化なところがあって

そういう、まだ人間になりきれていない

人間社会のほうを向き切っていない子供の世界・視点が

ありありと見えるのは確かにいいかな。

でも、あんまりワイルドじゃないなあ、という印象も。

何と比べて、といったら、児童文学好きなら

思い浮かぶだろうけれど。


霊園に勤めながら死者に向かって話しかけることが

習い性になってしまった男も、こういう人を知っているからか

なんだかすんなりと自然に感じられる。

話せるのに、聞こえない、という拓人の言い方も

ああ、彼からすればそのとおりだけれど、と。

この中にでてくる登場人物の中で面白いとか共感できるとか

感じたのはこの2人。

それもどうだろう、などと。


圧倒的なものを優しい筆致で書いている。

という点ではなかなか面白い本だった。