読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

画鬼 暁斎 チームラボ、花火大会

 

三菱1号館で「画鬼 暁斎」を見る。

河鍋暁斎は今回展覧されて、どこかでは見ているのだろうが

おそらくははじめて系統だって見る。


毎日の画業の前後に

肩慣らしのようにして観音菩薩像やら鍾馗様を

鍛錬のために描いていた、と聞くと、その膨大な絵の数と

最後まで技法を追求した人生がわかる気がする。

とにかく時間さえあれば描いており

大量の、系統も様々な作品がありすぎて

(多面的過ぎて)評価が遅れた、と聞き

そういう人もいるものだ、としばし考え込む。


その人に弟子入りまでしてしまった

明治のお雇い外人(建築家)の手により

彼の画業や技法

狩野派テクニックをベースに最初に弟子入りした国芳

 浮世絵テクニックも加わり緻密でシステマティック)

日本庭園華道までを紹介したことで

日本美術や文化を海外に紹介することにもなったという。


気分を一新して、銀座に出てチームラボの新作を見る。

この人たちはファインアートであろうとする気が、もとからない。

それがこの人たちの新しさでもあるし

画期的な部分でもあるし、そして権威ある美術館と学芸からは

なかなか受け入れられなかった理由でもある。


銀座で2,3ギャラリーをはしごしてから

古めの喫茶室でゆっくりとお茶を飲む。

そこから多摩川花火大会にむかい

夜空に咲く大輪の刹那の花にしばし見とれて

さて、この夏も終わりか。