読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中野剛志評論集「反官反民」を読む

タイトルにひかれて手にする。
巻頭にある言葉をしばらくながめ
後書きに共感する。


ぱらぱらと拾い読みをし始めて
きちんと読もうと心に決める。


時流にながされず、物事の本質を議論しなければ
この国もこの世界も、なんだかとんでもなくアグリーになってしまう。
「人はどうやって仕事を選ぶのか」の章から読み始める。
若い人に読ませなければ、と思う。