読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真実の10メートル手前

読み始めて、流行りのイヤミスかと思うが

読後感は悪くなかった。

読後感に救いがある理由ははっきりしている。

 

主人公の、グロテスクな真実を前にした

決して正義感だけではない、

悩みながらも一貫した態度を取ろうとする

筋を通そうとするその態度が、救いなのだろう、と。

 

やりきれない、うんざりするような他者とのせめぎあいの中。

 

自分を含めた、人間の弱さやどうしようもなさを肯定して

その上で何ができるか。

そんな姿勢に。

 

それにしても、いまどきこんな姿がはまるのは

若くて芯の強い女性だけなのだろうか。

 

案外、それも真実かもしれない、と。