読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大みそかはにぎわい座で

にぎわい座でカウントダウンのひとつ前の部ができたと聞いて。

なにしろ終夜運転をしない最寄り駅在住。

カウントダウンはなあ、と思っていたのでこれ幸い。


とはいえ、時間はかなり半端。

大掃除やら買いだしで遅昼を食べてギリギリに出たので

買い物には寄れずじまい。

終わった頃にはまだ時間は浅いはずが大みそかだけに

早じまいの店ばかりで。

結局乗り換えの駅のこじゃれた蕎麦屋にしばし並んで

店の名前にもなっているお決まりのお蕎麦をいただくくらい。


立川志の彦:初天神

立川志のぽん:魚根問

遠峰あこ:アコーデオン

立川志の春:新作 絶校長

寒空はだかスタンダップコメディ

立川生志:金明竹

仲入り

松元ヒロ:スタンダップコメディ

立川志の輔:新作 ハナコ

年末ご挨拶

志の彦さん、前段もなくいきなり参道のお店まえからはじまる。

滑舌もよいし安定感あり。

年末駆け込み婚活中という志のぽんさん。

まじめで硬そうな様子は自己紹介の通り。魚根問は初めて聞く。

遠峰あこさんは真っ赤な振袖にアコーディオンをしょい、野毛を流しているそうな。

パンチのある歌声で。

志の春さん、テンポの良い切れのあるダジャレが炸裂し、爆笑。

便秘だけど会長(快調,腸?)などなど、イェール大卒?と

突っ込みたくもなろうというもの。


生志さんは落ち着いた風で枕から。

談春さんの「赤めだか」がドラマ化され

年末に放送されたことを受けて。

亡くなって4年もたつと談志も忘れられていきますが、

テレビを見なくなったとはいえTBSがあれだけ宣伝したせいで、

さすがにいろいろな人に談志師匠のドラマやったね、と言われる。

ドラマでは弟子想いに描かれてましたが、あの用事を言いつけられるシーンで

フラッシュバックして体が硬直しました、などと。金明竹


仲入り後、ヒロさんの政治ネタ、鹿児島実業ネタなどおなじみの笑いのあと

志の輔さんは新作。ああ、新作か、とちょっとがっかり。

凄みのある古典の大ネタが聞きたかったのだけれど、持ち時間もさほどなく。

あらかじめ申し上げておきますが・・・の前ふりでハナコ。


年末に悪い知らせが届いたけれど

気を取り直して新しい年に向かう。

前をむいて、笑って、笑って。

命をとられたわけでもないもの。そう気を取り直して。