読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヴーヴ・クリコとモエ・エ・シャンドンの違い

シャンパンの中でそこそこのお祝い感のあるクラスとして
この2つがポピュラーだが。
私はモエのほうが好きで、それはそういうお好み
というつもりで。


品種を調べてみたが、シャンパーニュ地方のシャンパンは
ブドウの品種は同じ、3種類。
ピノ・ノワールピノ・ムニエシャルドネ
同やら比率が違うために、それだけで飲み口が随分変わる
と今回初めて知る。


ヴーヴのほうは、ピノ・ノワールの比率が高い。
骨格とワイン界ではよくいうが、それがしっかりしている。
つまりしっかりとした強いシャンパン。


モエのほうはシャルドネの比率が高いのかと思いきや
同じようにピノ・ノワールの比率が最も高いが
3種の比率にさほど差がない。
いわゆるバランスのとれたシャンパーニュ
すべての品種の良さを併せ持ち、シャルドネのフルーティさ
ピノ・ムニエのまろやかさ、ピノ・ノワールのしっかりさ
すべてのバランスがよく、それぞれを後味やファーストインプレッションで味わえる。


あら、そうなの。
あなたはヴーヴの系統だと誰かがいってた。


あなたのエッジは少し揺らぐけど
私はあなたにまろやかさを付け加えて
もう少し、大衆寄りに、マスを味方につける幅を
身につけさせたとのかしら。


あざむいたとしても、あなたの本質には変わりがない。
失われようもないものはしっかりと底にある。
それを忘れないで。