読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドクタースリープ

久々にキングの新作を読んだのは

この作品が、かの「シャイニング」の続編だと聞いたからに外ならず。


シャイニング=輝けるもの、そして特殊能力者。

いわゆる超能力ものなのだが、

むしろ見えてほしくないものが見えることからくる不安定さや、

特殊な力を持つが故の、そしてその扱いについての

ガイダンスをする人のいないことからくる不安定さ、

そんなものが物語にからまる通奏低音のようなもの。

ある時期が来て、かつて自分を導いた人がいたように

自分が導きをしなければならなくなった子供との出会い。

それによっても、自堕落な自己と決別する主人公の

物語でもある。


もちろん大衆的な人気作家としてのキングだけに

物語の完成度、スリルやエンタテイメントとしての

物語の強力な軸も存在し、それが真結族という名の

輝きをもつ子供の命気を吸い取って生きる、吸命鬼のような

一族の存在であるのだが。


シャイニングを読んだ時期を振り返りながら

それなりに自分の来し方を振り返る。


それほど特殊な能力はないにせよ。

あなたはいったいどうなの、とつぶやくように。