読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

綿矢りさ ウォークインクローゼット

誰かが文芸時評で褒めていて

久々に読んでみる。


ああ、あたりだな、と。

2、3回読み直したから

かなり好きなんだろうな、と。


綿矢はデビューの時から安定感があって

私とは相性のいい作家なんだろう。

悪くない。


アラサーとかなんとか、切実だったり痛かったりする

そんな微妙な年ごろに

結婚したいのにいまだできず、仕事にも熱心でもなく。

そういう子が、リアルで等身大で、結構いかしている。


このくらい。

ほんとにこのくらいの。

精一杯さと切実さがすごくリアル。