読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

談志まつり2014 その2

談志まつり2014

最終日の夜公演に行く。


立川志の八:はじめてのお弔い

立川らく里:大安売り

立川キウイ:反対車

立川談笑:がまの油

中入り

立川流トーク:山藤章二吉川潮高田文夫ミッキーカーチス

       立川談笑(司会)

立川ぜん馬:夢金

立川志の輔:妾馬(八五郎出世)


最終日の、いわば大トリは志の輔さん。

タイトルをどちらだったか確認し忘れたが。

ほんの一言二言、談志は情に篤い人でした、と

枕のように話してからすぐ噺にはいる。


八五郎が酔って殿様に

宵越しの金をもたない職人の気風や

長屋の人たちとの暮らし、

母親の娘にむける情愛を語るその見せ場で

うっかり落涙してしまう。


いやいや。

情に篤い人でした、のあとにこれではね。

やられた感はありました。


追悼の会の、その大トリで。

この人は本気で立川流の二代目を継ぐ気かしらと

そんなことを考える。

気のせいか、白髪頭で、しゃがれた声が

師匠に似る瞬間もあって。


それで、どうするの?

そう聞いてみたくて。