読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白酒、一之輔 二人会

鶴川にて「白酒一之輔の毒吐き2人会」にゆく。

一之輔さんは、次がある売れっ子らしく
前半に2席を終えて、早々にいずれかへ。


最近の落語協会は入門希望者が増えすぎて
前座にもなれない見習いが多いとかで
「今なら落語芸術協会へどうぞ」といったあとに
立川流はカリスマ亡き後、どうなるかわからないので
 お勧めしません」などと相変わらずのマクラ。


心なしか一之輔さんの勢いがない。
「かぼちゃや」の途中で
同じ八百屋が霊岸島に向う途中だと聞き
「そっちは行かない方がいいよ、かわいそうな親子がいてね
おじさん、人生変わっちゃうから。うん」
とアドリブを入れた後で
「未来を変えてやった」とシュールなギャグを。
人情八百屋のような美談は嫌いでね、とうそぶくあたりは
元気がないともいえないのだが。


一之輔:かぼちゃや
白酒浮世床
一之輔:化け物使い

中入り

古今亭志ん松:近日息子
白酒:鰻の幇間


白酒さんの「浮世床」、無筆に近い男の読み下しがあまり笑えず。
どうも耳に障る気がして。
「化け物使い」は志ん朝さん、談志さんのCDで聞き覚えて
好きになった噺だけに、さすがの一之輔さんでも少々ハードルが高い。


志ん松の近日息子はさらっと聞き
白酒さん「鰻の幇間」はトリらしく熱演。
鰻ですねえ、と思いながら酷暑の街にでて
そこから一路隅田川の花火大会へ。
大輪の花火を浴衣で観覧。
なんともそれらしい充実の一日。