読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にぎわい座 こはるの夏休み

昨日はにぎわい座でこはるさんの会。

前座は談笑さんの3番弟子の立川笑笑さん。

 

立川笑笑:たぬきの札

立川こはる:不動坊

中入り

立川ほはる:梅若礼三郎

 

 

笑笑さん、談笑さんのお弟子さんは覚えが早いのか

予備校講師だった談笑さんの教え方がうまいのか、

早々に噺を覚えるようです。

不思議な一門です。談笑さんのノウハウを聞いてみたいものです。

前段の噺のはしょり方、編集センスもあるようですね。

2番弟子さんも聞いてみなくちゃ。


こはるさんの不動坊、談春さんの不動坊が大好きなので

つい比べてしまいます。

お師匠さんと比べられたら心外でしょうが

それもまた、この手の古典芸能の楽しみのひとつ。

うかれて騒ぐところは、まだまだかしらん。

声やしゃべり方は女性の声を殺して、おそらくは当人がそう望んだ

古典落語の語り口になっています。


梅若礼三郎。こんな大作に挑戦する気概はいいけれど

こちらもネタおろし相応でした。

こういう長編は、ぜひ師匠で聞きたいなあ。

1時間半はかかる大作を、走りに走ってやっていたけれど

三夜連続などでじっくり聞く、講釈のような聞き方もいいかしらなどと。


円生さんのビデオで覚えた風でしたが

このあたりも議論を呼びそうなところ。


あれこれ余韻を楽しんだ会でした。