読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

談志さんが愛したのは

寄席という場所だった、として。

それなら何故、寄席に戻らなかったのか

と聞くのも野暮というもの。



彼が画策していたのは

もっと面白いプログラムを

寄席という場所に自分がプロデュースしてかける

そのことだったはずなのだから。



家元なき後、一門で話し合った末に

立川流はやはり寄席に出ないことを決めた、という。

(それも、はじめは人それぞれ、としていたのがいかにも

 家元なくしてはまとまるすべのないこの一門に似合いだが)

その決定を、草葉の陰でこの人はどう見ているのやら。



ホール落語をはじめ

ライブハウスやら飲み屋やらの小さな落語会が

あちこちにあるこの時代こそが

ぜいたくにも、落語家一人一人の

あらゆるチャレンジの場とも言えるわけだが。


何をやってもいい、という時代に

何をするのか、が。

寄席ではなく、あえてその場を選ぶ理由とともに

本当は問われる、そういう時代でもある。

それを心にとめて。



もう談志さんの若いころとは

あらゆることが変わっている、それでもまだ

落語の可能性を信じる若手やヴェテランの挑戦は続いている。

だからその行く末を伴走しながら眺めている

それだけを心に決める。