読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桂吉坊 狐芝居

先月のさばのゆでの桂吉坊の会で。

青菜:桂吉坊

狐芝居:桂吉坊


遅い時間に始まるため、駅前のビストロでワインと前菜

そしてパスタとリゾットで腹ごしらえ。

かなり気分良くなってしまい、落語が聴けるかあやぶんだのだが。


狐芝居、初めての噺だがしゃれているな、と思って

動画で探してみる。

お師匠さんの吉朝さんの音源がでてきて

聴き始めるととてもよい。

芸に熱心な、まっすぐな大部屋役者の

心意気、というものではあるのだが。

芝居話としては、確かに落語らしく

洒脱で哀切。一抹のさみしさと寂寥と。


歯切れのいい、達者な芸にしばらくひたり

なかなかに、芸人の心の琴線にふれる噺でもあろうかとも。


とぼとぼよたよた歩き去る狸の役者に

そっと声援を送ってみたくなる。

世にある多くの芽の出ない仕事。

それでも一心に好きだからと捨てることもせず

慣れも飽きもせずにただただ精進するという道。


何かを思い出し振り返り。

梅雨の晴れ間に、今年はこの噺を。