読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

機巧のイヴ

小説新潮の読みきり特集で見つけた短編がどうやら
(読み切りと云いながらも)
ゆるやかな続きものであるらしいと知り
バックナンバーを見つけて読み終わる。

 

ブレードランナーの中に出てくる強力わかもとみたいな違和感を
 もつものを書きたい」
という作者の構想らしきものもあるが
タイトルからして、それらしいアンドロイドの話であり
SF的で哲学的なものを内包しているらしいことが
暗示される。


箱の中のヘラクレス・・・これはわかりやすい。
京極夏彦の「魍魎の箱」の先例もあるが
さほど箱自体を描きこんではいない。
続編がさらに続くのなら、何事か外伝があってもいいのかもしれない。


神代のテセウス・・・・テセウスのパラドクスへの言及。
からだのパーツを置き換えていったら、どこからか別人になるのか
という素朴な疑問はあれど、魂や精神というものが
独自と言われているなら、もはや・・。


制外のジェペット・・・・からくり人形の生みの親としたら、西欧では

ゼペット爺さんということになろうか。
アンドロイドではなく、からくり人形として江戸期のような背景設定に
したあたりに、このシリーズの奇妙なリアリティがある。


歯車の奥のプシュケー・・・・ブレードランナー同様に
「アンドロイドは電気羊は夢をみるか?」はすでに古典の領域。


哲学的な思索を呼び覚ましたかといったら
答えは否、となろうが。
面白い世界観だった。できれば続きが読みたい。