読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

肖像写真  Ver2

ごひいきの落語会の会場にあった会場装飾の肖像写真の表情に

ふっと違和感を感じる。

プロフィール写真よりも大きく使うとなると

カメラマンが選んだなかから、当然本人やマネジメントが絞り込んで選ぶ。

この表情は、初めに見たときにどうも気になって、

なにかがしっくりこない、と思った。

女性が選んだのか、繊細過ぎるのか、なにが厭なんだろう、と。


あとからわかったことだけれど、いつも使っている写真家とは

別の写真家の作品だった。

セピアがかった、4色で分解したやわらかなモノクロ写真。

どうもいままでとテイストが違いすぎる。

会場に置いてあったチラシに使われている、大阪徳島のチラシ写真は

きっと同じカメラマンの作品だろう。

仲の良い女優さんの旦那さんであるところの

カメラマンの作品らしい。


神戸会場のチラシの写真は、黒がはっきりとしていて

男性的な写真だ。たぶん、いつもの肖像写真

こちらは悪くない。


感じた違和感がいったい何なのか。

単に好きな写真ではない、というだけなのか。

落ち着かない、気分で。

この表情の中に、一体なにを感じたのかと。

 

 この2年間のシリーズの隠しテーマは死であるという。

師を、実父を、慕う人を亡くすなかで

この人の強気一辺倒の何かが変化しているのか、

単に写真を撮影したときのコンディションがでているだけなのか。

そんなことは、きっと、これから現れてくること、に違いないが。