読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひいきの出る連続ドラマのために

TVをうっかり買ってしまい配線等々で大騒ぎ。

さて、問題のドラマといえば。

 

 

以前の大当たりしたドラマが、その極端なキャラクター設定から

現代劇でありながら、悪役が時代劇のように類型化しているといわれていたが

今回もドラマの内容やキャラクターの作り方が、妙に劇画か時代劇のよう。

 

 

その中であまりにも典型的な悪役を、中年以降の俳優の石原某か政治家の河野某か

という悪人顔になってきたひいきの落語家が演じている。

顔が悪人顔だから、キャラクターのない単なる悪役を演じたらだめなんだったら、

とひそかに突っ込んでみる。

女性ファンの多い2枚目が、ファンをなくすほどの性格俳優ぶりで

悪役やら変質的な殺人鬼を演じて演技派に転向するならともかく。

自分の本業での立ち位置やら、人情噺というテクニックと描写力を要求され

この人の場合は、それが描写しすぎに倒れてくどくなるのが難点なのだから

そこをピンポイントで鍛えるようなハードルのある役といったら。

 

 

深みを出しながらの情のある親分役?

脇で出が少ないなかで存在感のある演技?

さあ、そんなことはよくよく相談のうえで

今後のイメージ戦略を練ってみては。

弟子がでる別の局の深夜番組を興味深く眺めながら

内弁慶になりがちなところが師匠に似ているとそっとつっこむ。

自分の個性を理解してくれるやさしい客からはじめて

それ以外の客を得ていくために個性(自分のいいところ)を

殺さずにどうするか、というのが。

売り出す際の心得のようなもの。

 

なあんて。