読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

柳家小三治独演会

賑わい座の小三治さんがとれたので

いそいそと出かける。

この近さで聞けるのは本当にラッキー。会場は満席。


売り出しで並んだ時もそうだったけれど、

1枚くださいとつつましくいうおひとりさまが男女共にいる。

せっかくだからと並んでいる間にメールを送ったり

電話をする人もいるけれど、こういうときは案外つかまらない。


前座は福治さん。

「野ざらし」と「狸の札」をあわせたような・・・と思って聞いていると

「安兵衛狐」とのこと。


小三治さんの1席目は「初天神」。

噺に入る前の枕は、特定機密保護法のこと。

趣味のカメラ雑誌に掲載されていた写真のタイトル

「今の政治家のほとんどは戦争を知らない」云々をとりまぜて

日本の行く末を嘆いている。

原発事故のあと、不謹慎かもしれませんが

ああこれで日本は変われる、よくなる、と思いましたが・・」

そうはならなかった、というような。


少し前にやはり70代になる恩師が、安倍さんのことと一緒に

この時代とその行き着く先を嘆いていたが。


落語は、例の調子で駄々っ子のしょうもなさと

それによく似た男親のかわいらしやら、しょうもなさやら。

絶妙の間合いとほどよく枯れた軽さで、客席にはくすくす笑いが絶えない。


中入り後、「禁酒番屋」。

談春さんで聞いた後だったので、その違いがよくわかる。

こちらも持ち味のおかしみを存分に味わわせていただく。


表にでると、満月

ことによったら上の方がかけていたかしらん。

気持ちのよい春の宵。

お酒ははいらずともほろ酔いの気分で家路につく。