読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鬼平犯科帳を古今亭志ん朝の朗読で聞く

鬼平といえば吉右衛門の当たり役で

それはもう、そんじょそこらの役者には演じてほしくない

役どころではある。


志ん朝の朗読があるとは知らず

CDをたまたま見つけてこれを聞く。

音楽はあるが、わざとらしい効果音はほとんどなく

煩さのない、実に行き届いた朗読となっている。


もちろん、地の文章も会話も

とびきりであり、いつぞや聞いた立川談志

新選組血風録」とは好対照をなしている。


まずは1巻、平蔵の生い立ちからはじまり

本所あたりのいかがわしさと

若かりしころにあこがれたほのかな思いの香る

本所 桜屋敷の章。


あっさりとした終わり方にかえって思いが

香るものらしい。

男の純情といって、このくらいなら許せるか

そんなことも思いながら。

さて第2巻。