読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分の感情から自由になるには

自分の感情に振り回されるのにうんざりしたら
その感情が生まれる理由や状況を分析せよ、
その分析の間だけは、そのーー怒りや、不信感といった負の感情から
自分が開放されている、としたり顔でいうつもりもないのだが。


したり顔ねえ、と自分を思い切りズームアウトして
それこそ宇宙空間から眺めおろしてみれば
くだらないことの大半は、ごくごく狭い範囲で発生した
どう考えても、大多数の人々にとってどうでもいいささいなことに起因している。


自分のことはしばらく棚に上げてみる。
するととてもいい解決策が浮かぶ。
完全にこの人たちをあきらめてしまおう、
たまには例外がいるかもしれないけれど
この業界の人たちの多くはどうも
(強いて言うなら)子供じみていて、なにをしてもどうしても
近くにいるだけで静かで安らかな気持ちが保ちにくい。


この人たちとは同じ空気を吸う気になれない
そこまで思ってしまったのだもの。
仕方がないわね、そういって。
もう一度、自分の視線と意識を
成層圏より上に飛ばしてみる。


でも。
こんな気分だからこその発見。
あの子たちの、くだらなくもシュールでしれっとした楽屋噺が
こんな最低の気分のときの清涼剤になった。
そうね、今度は君たちにも、もっと笑わせてもらおう。
そう思うことにして。