読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

獣の柱

SFっぽい芝居だった。

といってその設定が大事というわけでもなく

その設定下で起こる人間ドラマ、という正統派の作品。


とはいえ、その設定はタイトルから暗示されるように

きわめて同時代的である。

動物化するポストモダンを思い浮かべたが

あながちはずれてもいないだろう。


見た瞬間に強烈な多幸感につつまれて目が離せなくなり

時間の感覚が飛んでしまう不思議な柱状の隕石が現れ

まるで神か超越的な存在が行っているかのように

ある一定規模以上の人口の都市にあらわれて

対処の仕方の分からない多数の人々が事故にあい死んで行く。


都市が分断され、経験則から対処の方法を学んだ人々により

御柱(みはしら)様」というご神体として隔離されるようになった未来に

その隕石の働きかける快楽から自由になった人類の出現と

そこからの開放(とその先に、もう一度都市=拡大する文明が再生される希望)

が暗示されて芝居は終わる。


アポカリプス、というのが、小劇場からこっち

芝居にはつきもののフレームワークだが

なんというか、非常に冷静な感じがした。

レムの考える海とか、2001年宇宙の旅の猿とかを俯瞰してみる

正しきSF的な態度というのか。

 

 

久々にまるで60年代のようなスケール感のあるSFの良品だった。
満足、満足。