読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

八雲、ロバート・キャンベル、翻訳夜話

やみくもの並列ではなく、ここにきてあれこれの断片が

有機的につながる思いでいる。

爆発するようなその勢いにのまれるようにして

波乗りするように、その大波の間を抜き手を切って

泳いで行く。

 

 

言葉、言葉の奥のもの、そしてあらゆる壁を越えてもなお

にじみでるその人らしさ、を探して。