読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

裏から表へ 夜から昼へ そして惑星という名の雑誌に

新しいサービスに載せられて

表のブログを始める。自分のための裏のブログはもちろんそのままに。

 

南の国から戻る飛行機の中で読むつもりで

惑星という名のインディーズの雑誌を買い求める。

近所の書店で案外簡単に入手して、スーツケースの底に入れて

行きの機内でも、南国のホテルのプールサイドのデッキチェアでも

ぬけるような青空とエメラルドグリーンの素敵な海辺のカフェでも

開かずにいて、最後の日に取り出して機内で読みふける。

 

 

しかし、この表紙はどうも。

どうせ私は若いタレントや歌手は知らないからいいのだが

知っている人が見たとしたら気恥ずかしいか、とも。

 

 

ここ10年ほど、気になって読んだ本や調べた事柄が

どうも従来のカテゴリーのなかでは収まりのいいジャンルがなかったのだが

この雑誌の問題意識は、ああ、そういえばこういう並びだよな

と思うようなシンパシーがある。

 

 

伽藍を抜けてバザールへ。

惑星という名の雑誌を抱えて。